激安のネット印刷

今は印刷をネットで頼む方がどんどん増えてきました。
理由は単純で、「安いから」につきます。
テレビCMでも放映されていますが、
データを支給すると確かに激安です。

従来の印刷会社の方法では、
到底、できないありえない価格で実際にやっています。
決して違法ではなく、これはインターネット社会では、
可能な方法なのです。

仕組みをご存知の方もおいでになると思いますが、
簡単に言えば、データを大きな紙に付け合わせして印刷しています。
例えば、A4のチラシだと、A全判で8面付くことになります。
B4のチラシも同様に、全判で8面付けが可能です。

今までは1点ごとの仕事に対して8面付けで印刷していたものを、
ネットで全国から同じ仕様のデータを集め、
極端な話、8種類の別な案件データを付け合わせして印刷が可能なのです。
そうすると、極論すれば印刷代金は8分の1で印刷することが可能です。
(印刷通し枚数により変動します)

このような仕組みを使い、
ネットで安く提供されているのです。

一方で、伝票はどうでしょうか。
実は伝票は、付け合わせして印刷は、
ほぼできないのです。
それは、複雑な後工程があるからです。

切り取りミシンを決まった位置に入れたり、
ナンバリングを入れたり。
複写の場合は順番に丁合い(重ね合せる)したり、
ノリを付けたり2穴をあけたり。

さらに、大きな全判の紙で印刷してしまうと、
紙が伸びて上下の紙が合わないことも想定されます。

これらを考えると、
機械的な変革が起きない限り、
伝票の価格はさほど値下がりしないだろうと想定されています。

ネットで格安に注文できる案件と、
そうではない案件があります。
それぞれの特徴を上手に活用しながら、
印刷物の発注をオススメします。

そうそう・・
ネットの場合、トラブルもそれなりに多いのでお気を付けくださいね!